いつだって上機嫌

    言葉より雄弁な「ボディ・ランゲージ」 コミュニケーションが変わります

美しさは男の武器になるか

 

メンズ総合コスメブランド「FIVEISM×THREE(ファイブイズム バイ スリー)」を

展開するACROの御後章社長によると、「昨年末から急激に市場の盛り上がりを感じる」

という。

「外資系ブランドの参入もあり、今後、男性の美意識は急激に上がると思う」と。

 

「男性化粧品 市場動向」と、ググってみた。

 確かに、CHANELがブランド発の男性用メイクアップライン「BOY DE CHANEL」を

昨年9月にスタートさせていた。

アメリカでも「Cover Girl」や「MAYBELLINE NEWYORK」といった大手ブランドが、

初の男性広告モデルを起用して話題を呼んでいる。

 

「FIVEISM×THREE(ファイブイズム バイ スリー)」や「BOY DE CHANEL」が扱うのは、化粧水などのスキンケア商品だけではない。

ファンデーションやアイシャドウ、リップ、アイブロウ、ネイルなどのメイクアップ商品

揃え、男性のメイクを自己演出の手段」「自分を偽りなく表現する手段」と位置付ける。

そして、男性に美意識の解放を呼びかけるのだ。

f:id:takaiko-nijou:20190331024706j:plain

◉外見の良さと仕事の成功

人の印象を左右する非言語の手がかりには、

容貌、表情、視線、化粧、髪型、しぐさ、姿勢、声、話し方、服、持ち物、匂いなどがある。

これらが魅力的であることは対人コミュニケーション上有利とされるが、

仕事上の評価や 成功との関係はどうだろうか?

 

社会心理学のさまざまな調査結果をのぞいてみると、

「容貌の美しさは、

 就職面接などの雇用場面では男女ともに有利に働くが

 管理職となると、女性にとっては不利に働くことがある」

  1979コロンビア大学ビジネススクール/ヘイルマン,サルワタリの調査 他

これは、容貌が美しいと性的類型化が起こりやすいため」とされる。

美女は不美人よりも女性らしく、美男は不男よりも男性らしいと見られるということである。

つまり、美しい女性は「感情豊かで、決断力に欠ける」から管理職には向かない。

一方、容貌の良い男性は「体力があり、判断力に優れ、職務遂行能力が高い」と見られる

ため、管理職に適任と評価されやすいということである。

 

さて、難しいことになった。

 「化粧」をした男性の容貌が美しかったとして、

その評価は「男性的・女性的」どのようなことになるのだろうか? 

 

◉そも、男の美しさとは

古事記の昔から江戸時代までの日本では、男性も化粧や着物で身体を加工する自由があった。

現代のように身なりの男らしさ・女らしさが厳しく区別されるようになったのは、明治時代に入ってからである。

戦後の高度成長期に広まった性別役割分業観が、男性の体から美を切り離したと思えば、

FIVEISM×THREEの言う通り、確かに男性の美意識は不自然に抑制されていたといえる。

自然界を見渡せば、鳥も魚も虫もオスの方が美しい。

f:id:takaiko-nijou:20190331140443j:plain

オスが美しさを競い、メスが美しいオスを選ぶのである。

 

女性の社会進出が進んだ今、

男性に求められる身だしなみの水準は上昇した。

もはや、清潔であるだけでは足りない。

そして、女性の目線は配偶者選びにとどまらない

性的類型化がいつまで男性を利するか不透明である。

生き延びるのは、

最も強い者ではない。最も賢い者でもない。

それは、変化に最もよく適応した者である。

チャールズ・ダーウィン

常識、偏見、差別、国境、ジェンダー、年齢、社会的要請から解き放たれた男性の自己表現は、

今後どこへ向かうのでしょうか。

私、個人的には楽しみである。 

 

スライドギターの名手・ローウェル・ジョージのバンド「リトル・フィート」

ニューオリンズテイストのアルバム「ディキシーチキン」から最高の1曲をご紹介します。

添付したyoutubeの音源は、一発録りのライブ録音です。

超絶技巧をぜひお楽しみください。シビれます。

♪ Little Feat 『Rock and Roll Doctor』※この曲はヴォーカルもローウェル・ジョージ

https://www.youtube.com/watch?v=yLEELrICcz4

もう一曲Little Feat『Skin it Back』このリズム、このギター、もう最高としか・・

https://www.youtube.com/watch?v=ux8GIu6ucs0